Silent Rootsのライブ&ストーリーテリング
     即興演奏を得意とします。
   その場の雰囲気、地域性、その時の社会の流れで即時に作曲します。
   またストーリーテリング(昔語り・先住民につたわる昔話)もその場で選択します。

    またはお母さま方と子供たちと手遊び・昔語り。(対応年齢0歳児〜大人まで)   
    時々メンバーが加わります。
    
    ご依頼・ご相談 

   過去日本各地の子育てサロン、教会などの子供会、自然食系レストラン  
   などからご依頼を受け、お話と演奏をしています。 
   野外での開催もできます。
   
ライブやストーリーテリングで使用する楽器たち
ラブフルート
      別名ネイティブアメリカンフルートとも言います。
      シンプルな縦笛です。
      部族によって音のスケールが違いますが、6穴か5穴のシンプルな縦笛です。
      伝統的には赤杉で作られますが、素材は色々です。
      私の持っているものは赤杉とサボテンです。
      シンプルなだけに奥が深く、内面がそのまま現れる楽器です。
                               音源
       
ヒーリングドラム
      別名 ネイティブアメリカンドラムとも言います。
      シンプルなハンドドラムです。
      皮は伝統的には鹿ですが、私の持っているものは牛です。
      作り手も本来男性が作るものですが、
      あまりの腕のよさに作るのを許された女性のネイティブアメリカン(Throw flowerさん)が作った
      ドラムです。
      このドラムの音にはヒーリング効果(ヒーリングバイブレーション)があります。
      
トンコリ

      樺太アイヌに伝承されていた弦楽器です。
      縁あって東京アイヌ協会会長さんの星野 拓さんに作ってもらいました。
      このトンコリのサイズ、柄は私専用のものです。
      トンコリは弾き手にしか聞こえない音(倍音)がし、木製の床の場所などで演奏すると、
      その倍音が部屋中に響きます。  

ムックリ
      アイヌに伝わる竹製の口琴です。
      シンプルですが、色んな音が奏でられます。
      倍音楽器です。
      過去に何本か星野さんの指導の下、自分で作ってみましたが試行錯誤中です。

アサラト
      アフリカに伝わるがらがらです。木の実をくりぬいた中にとうもろこしなどの種を入れ、紐でつないだシンプルなものです。
      色んなリズムが刻め、踊りながら歌いながら鳴らすことができるので楽しんでいます。

リコーダー
      その昔、リコーダーは木で作られていました。
      そのリコーダーによって高音が響くもの、低音が響くもの、色々性格があります。
      同じように作られたものでも違います。
      プラスチックの音とはまた違った響きをお楽しみください。